ピン!ときたこと

それはどこで練習しますか?2

菊地信貴です.

前回,リハをする場所はどこがいいのか?
という話で終わりました.

では,ここから私の考えです.

一番の練習場所はその方がこの先一番長く過ごす場所での練習だと思っています.
では,実際は?
実際は中々難しいのです.

 

その中でも,できるだけその先の生活に近い場所での練習が最適だと思っています.
例えば,病院の中ではリハビリテーションの部屋よりもその方が過ごしているお部屋で練習すること.

 

全員がこれが最適ではないのですが,できればお部屋でのリハが良いと思う理由は,そこがその方にとっては「現場」だからです.

 

リハ室でできてもあまり意味がないのです.
だってそこは作られた空間で,頑張らないといけない空間だから.
ある意味,できて当たり前なのです.

 

だからこそ,相手のテリトリー(病室)で練習する意味があるのです.

 

 

今日はここまで

また,お会いしましょう.
最後まで読んで頂き心より感謝申し上げます,いつもありがとうございます!!
ひと言で良いので,感想を頂けると
励みになりますのでよろしくお願い致します.
ピン!ときたら下↓の「いいね」をポチッと!!


☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ブラッシュアップ&学習会を開催します.

メールマガジンでもお知らせしています.

メルマガの登録は下のURLからお願い致します.

https://goo.gl/A929Lv

お楽しみに(^^)


 

IMG_0226.jpg

【菊地信貴】

作業療法士(修士:作業療法学)

日本ノートメソッド協会 【認定】方眼ノートトレーナー

手帳
☆無料メルマガも発行中☆

ブログでは中々書けないことやセミナーのお知らせをメルマガで配信しています.

無料メルマガ登録はこちらから↓↓↓今なら「秘密のシート」プレゼント中!!

https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

秘密のシートを使えば相手の話からやるべきことがあっという間に発見できる!!

患者様・対象者・自分のコト,山のようなお困りごとから何が大切かを拾い出して,解決策を立てられる.そんなシート興味ありませんか?

下のリンクをポチッとして,数項目を埋めるだけで手に入ります.メルマガが不要になったらいつでも解除してください.手に入れたシートは使い続けてもらって大丈夫です.

メルマガ登録:https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

Mail:info@ot-note.com

HP:http://ot-note.com

 

【所要時間:15分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

申し込み

ピックアップ記事

  1. 作業療法士に向いているのは,〇〇な人!!

関連記事

  1. ピン!ときたこと

    自分のコトって意外とわからないのです.

    菊地信貴です.自分のことって意外とわからな…

  2. 方眼ノート

    PCでの仕事がはかどらない人には役立つかも

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであな…

  3. ピン!ときたこと

    なんだかなぁ~って思っている気持ちを少し元気にする方法

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであな…

  4. ピン!ときたこと

    作業療法って?

    いつも数あるブログの中から,見てくださりありがとうございます.…

  5. ピン!ときたこと

    奇跡って?

    ブログに訪問してくださりありがとうございますm(_ _)m…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *

無料メールマガジン【OTの脳扉】

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *
2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

お申し込みはこちらから

  1. ピン!ときたこと

    なぜ,作業療法士に方眼ノートが必要なのか?
  2. 方眼ノート

    北の大地は凄かった!!
  3. 方眼ノート

    「仕事で疲れて,何もやる気が起きない.」人にちょっとしたアドバイス
  4. ピン!ときたこと

    後輩指導に大切な6つのポイント
  5. ピン!ときたこと

    やり続けること
PAGE TOP