ピン!ときたこと

それはどこで練習しますか?3

菊地信貴です.

前回は,病室でリハをする意味をお伝えしました.
今回は,リハ室で練習する意味は?をお伝えします.

リハ室で練習すること.
これも,大切です.なぜか?

人に見られるって,力が出るのです.そして,場所が変わることで気持ちも変わります.

だから,中々病室でのリハで成果が出ないなぁって感じたらリハ室での練習は成果が出るかもしれません.

何が大切なのか?

今のその人にとって,どこの場所で練習することが一番成果が挙がるかを考えて場所を選ぶことです.

もしかしたら,病室なのかもしれない.
もしかしたら,リハ室なのかもしれない.
もしかしたら,食堂かもしれない.

などと,色々な可能性を考えることが大切なのかもしれませんね.

その方の未来を信じて,可能性を信じて,できると信じて接することで力が引き出せると思っています.

 

 

 

今日はここまで

また,お会いしましょう.
最後まで読んで頂き心より感謝申し上げます,いつもありがとうございます!!
ひと言で良いので,感想を頂けると
励みになりますのでよろしくお願い致します.
ピン!ときたら下↓の「いいね」をポチッと!!


☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ブラッシュアップ&学習会を開催します.

メールマガジンでもお知らせしています.

メルマガの登録は下のURLからお願い致します.

https://goo.gl/A929Lv

お楽しみに(^^)


 

IMG_0226.jpg

【菊地信貴】

作業療法士(修士:作業療法学)

日本ノートメソッド協会 【認定】方眼ノートトレーナー

手帳
☆無料メルマガも発行中☆

ブログでは中々書けないことやセミナーのお知らせをメルマガで配信しています.

無料メルマガ登録はこちらから↓↓↓今なら「秘密のシート」プレゼント中!!

https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

秘密のシートを使えば相手の話からやるべきことがあっという間に発見できる!!

患者様・対象者・自分のコト,山のようなお困りごとから何が大切かを拾い出して,解決策を立てられる.そんなシート興味ありませんか?

下のリンクをポチッとして,数項目を埋めるだけで手に入ります.メルマガが不要になったらいつでも解除してください.手に入れたシートは使い続けてもらって大丈夫です.

メルマガ登録:https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

Mail:info@ot-note.com

HP:http://ot-note.com

 

【所要時間:20分】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

申し込み

ピックアップ記事

  1. 作業療法士に向いているのは,〇〇な人!!

関連記事

  1. 「超」結果手帳

    詰め込みすぎてませんか?

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであなたの…

  2. ピン!ときたこと

    ご無沙汰してます

    いつも笑顔で輝く作業療法士を応援するオヤジ作業療法士による1mmでも前…

  3. 作業療法士

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法で生活を豊かに,方眼ノ…

  4. ピン!ときたこと

    それはどこで練習しますか?2

    菊地信貴です.前回,リハをする場所はどこがいいのか? という話…

  5. ピン!ときたこと

    感謝の気持ち.

    菊地信貴です.所属していた病院が建物を建て替えるた…

  6. ピン!ときたこと

    なんだろう,○○る気がする!!

    いつも数あるブログの中から,見てくださりありがとう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *

無料メールマガジン【OTの脳扉】

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

お申し込みはこちらから

  1. ピン!ときたこと

    自分を褒める!
  2. ピン!ときたこと

    身体・脳・心の疲れ対策には,これが一番!!
  3. ピン!ときたこと

    患者様が自分から進んでリハをするためには
  4. 作業療法士

    次世代OTに必要なこと「未来がイメージできていますか?」
  5. ピン!ときたこと

    未来に向けてどうするか?
PAGE TOP