ピン!ときたこと

実は,元通りには戻らない.

菊地信貴です.

 

あなたは臨床で,こんなコトを言われたコトはありませんか?

脳梗塞後遺症の対象者から

「この手(足)が治れば大丈夫です.」

多分,1度や2度は経験していると思います.

 

脳梗塞の程度が極軽度の場合は,運動麻痺はあまり後遺症として目に見えるようには残りにくいですが,実際は動かし難いとか,寒い日に強張るなど,ご本人は身体の変化を感じていると思います.

そして,この言葉の次にセットされて出て来る言葉に

「この手を治して下さい.」「元のように動くようにしてください.」

と言われると,頭の中では

 

「そうじゃないんだけどなぁ」と思ってしまいます.

 

作業療法士としては,

「自分で出来ることを見つけて欲しいとか」

「やりたいことをやる」

「新しい方法を手に入れる」

など,未来に向けて取り組めると良いのになぁ

と思っています.

 

 

 

今日はここまで

また,お会いしましょう.
最後まで読んで頂き心より感謝申し上げます,いつもありがとうございます!!
ひと言で良いので,感想を頂けると
励みになりますのでよろしくお願い致します.
ピン!ときたら下↓の「いいね」をポチッと!!


☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

ブラッシュアップ&学習会を開催します.

認定『方眼ノート1DAYベーシック講座』

を受講された方を対象に行います.

 

メールマガジンでもお知らせしています.

メルマガの登録は下のURLからお願い致します.

https://goo.gl/A929Lv

お楽しみに(^^)


 

IMG_0226.jpg

【菊地信貴】

作業療法士(修士:作業療法学)

日本ノートメソッド協会 【認定】方眼ノートトレーナー

手帳
☆無料メルマガも発行中☆

ブログでは中々書けないことやセミナーのお知らせをメルマガで配信しています.

無料メルマガ登録はこちらから↓↓↓今なら「秘密のシート」プレゼント中!!

https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

秘密のシートを使えば相手の話からやるべきことがあっという間に発見できる!!

患者様・対象者・自分のコト,山のようなお困りごとから何が大切かを拾い出して,解決策を立てられる.そんなシート興味ありませんか?

下のリンクをポチッとして,数項目を埋めるだけで手に入ります.メルマガが不要になったらいつでも解除してください.手に入れたシートは使い続けてもらって大丈夫です.

メルマガ登録:https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

Mail:info@ot-note.com

HP:http://ot-note.com

 

【所要時間:15分】

 

関連記事

  1. 作業療法士

    ピンチはチャンスです!!

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであな…

  2. ピン!ときたこと

    「できた」を感じ続けるには?

    菊地信貴です.さて,新年からもう早いこと約2週間が訪れます.元…

  3. 作業療法士

    あなたは,みんなより詳しく知っている!

    いつもブログをご覧頂きありがとうございます.菊地信貴です.&n…

  4. 作業療法士

    頭がグルグル~~

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであなたの…

  5. ピン!ときたこと

    あなたが変わると,周囲が変わる!!

    お久しぶりですまたまた,間が開いてしまいました.&nb…

  6. 作業療法士

    患者さまにとっての”ドラえもん”になれるとしたら?

    ブログ訪問ありがとうございます.菊地信貴です.なにがで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メールマガジン【OTの脳扉】

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 作業療法士

    ◯◯力が成功への近道!!
  2. ピン!ときたこと

    「え!なんで?」って思った瞬間
  3. ピン!ときたこと

    できないときがあってもいいじゃない
  4. 「超」結果手帳

    振り返りは「GBA」ですると気持ちいい!!
  5. 作業療法

    認知症高齢者をすんなりと理解できない若手療法士へのアドバイス
PAGE TOP