作業療法士

上手な問題点の見つけ方

菊地信貴です.

問題点ってなんだろう?  

認知症の対象者さんが良く取る行動で「徘徊」がある.

これも問題行動と言われていました.

今では周辺症状と言われ「BPSD(behavioral and psychological symptoms of dementia)」ます.

 

「問題」とは,発生している状況で,ネガティブな影響を及ぼすもの.

「課題」とは、目標を達成するためにこれから成すべきこと,ポジティブに表現されるもの.

 

さらに,「問題」とは,理想の状態と現状のギャップで,そのギャップを埋める方法が「課題」といえる.

 
さて,リハビリテーションの場合は  

誰にとっての問題点なのか?

という視点で見てみると,またちょっと違ったものになるのではないでしょうか?

 

例えば,患者さまとしてはリハビリテーションの場面で練習した立ち上がり動作をできるだけ早く自分のモノとして習得しようと思い,病室でコツコツと自主トレをしようと立ち上がる練習をした.

 

患者さまとしてはあくまでも「自主トレ」として行っているコトである.

 

でも,看護師や病棟スタッフとしては「危ない」「危険管理ができていない」となり「問題」となってしまうケースが多い.

 
違うのが,当りまえ!!  

なぜそうなるのか?

それは,両者の間にある

ある前提が違うからだと思います.

 

それは,「なぜそれをするのか?」

先程の例では,患者さまとしては「1日でも早く退院できるようにしたい」わけです.

だから,自分でできる練習をしようと考えた上での自主トレでした.

 

看護師や病棟スタッフは安全・安心・安楽を優先しているとしたら・・・

まあ,注意されますよねぇ.

 

ここで,看護師や病棟スタッフも同じ方向性

この場合は「1日でも早く退院できるようにするには」に注目して行けば

頭ごなしに「危険」→「問題」の流れにはならないのではないかと思います.

 

 
焦点を当てたら見える?  

では,どうすれば良いのか?

それぞれの立場での目標ではなく

チームとしての目標をそれぞれの目標に細分化していきます.

この場合は「◯◯さんが1日でも早く帰れるように成るには?」

こんな感じのモノが共通の目標として置いて

それに,対して.それぞれの専門職の意見を述べる必要があると思います.

例えば,作業療法士としたら,お部屋の環境として配置を提案したり.

理学療法士として,安全に自主トレを行う方法を提案したり.

看護師や病棟スタッフとして,患者さまにどういう点を気を付けて過ごして欲しいかを提案したり.どういった,援助なら積極的に提供できるのか等を提案したり.

 

そうすることで,それぞれの専門職が持っている力が焦点を当てた問題に向けて集中的に注がれる訳で,それによって,短期間でも効果が期待できるのです.

 

 
支える,寄り添うツール = 方眼ノート  

そして,重要なのが

患者さま本人の意向や思いを聞き出すこと.

 

これが有ると,心が辛く折れそうになった時に頑張れるきっかけを手渡すことができるのです.

 

そう,誰の問題点なのか?

 

それは,患者さまから見た問題点にすること.

 

一緒にどう解決すれば理想の状態に成れるのかを考えて行けたら良いのかなぁと思います.

 

脳ミソだけだと忘れたり,疲れたり,ごちゃごちゃしたりするので

魔法のノートの上で書きながら話をすると最高です.

 

 

自分の事については皆さん興味がありますよねぇ?

 

その方が真剣に考えるし,行動も積極的になると思います.

 

 

 

もう一度

問題点ってなんだろう?

それは,誰にとっての問題点ですか?

 

 

 

今日はここまで

また,お会いしましょう.
最後まで読んで頂きありがとうございます

ひと言で良いので,感想を頂けると
励みになりますのでよろしくお願い致します.
ちょっと良かったら「いいね」をポチッと!!

 
☆☆☆お 知 ら せ☆☆☆

「リハビリテーションに関わる全ての人の
方眼ノートプレミアム体験&学習会」を初めて北海道で行います.

2017年10月27日(金)19:00〜21:00

2017年10月28日(土)14:00〜16:00

どちらも札幌市内の会場で約2時間の予定です.

詳細はこちら

申込みはこちら


☆【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座開催予定☆  

2017年9月16日(土)9:30〜16:30 @平塚

申込締切は9月6日(水)

https://goo.gl/3EwTWP

◎興味ある方はご連絡下さい.
開催予定はこちら
http://ot-note.com/?page_id=163

IMG_0226.jpg


☆「超」結果手帳スタートアップ講座開催予定☆  

2017年10月3日(火) 19:00〜21:00

予定は随時更新していきます!無料メルマガで先行案内致します.

「超」結果手帳スタートアップ講座申し込みフォーム

手帳

「超」結果手帳~3か月で人生は変えられる~

▼結果を出す人のための特別な90日間

2017年版《season4:10月~12月》発売中

「超」結果手帳 2017

「超」結果手帳スタートアップ講座申し込みフォーム

https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/pdca.htm

 
☆無料メルマガも発行中☆  

ブログでは中々書けないことも書いてますので無料メルマガ登録はこちらから↓↓↓今なら「秘密のシート」プレゼント中!!

https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

秘密のシートを使えば相手の話からやるべきことがあっという間に発見できる!!

患者様・対象者・自分のコト,山のようなお困りごとから何が大切かを拾い出して,解決策を立てられる.そんなシート興味ありませんか?

下のリンクをポチッとして,数項目を埋めるだけで手に入ります.メルマガが不要になったらいつでも解除してください.手に入れたシートは使い続けてもらって大丈夫です.

メルマガ登録:https://55auto.biz/the_orange_tree/touroku/ot-note.htm

Mail:info@ot-note.com

HP:http://ot-note.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

申し込み

ピックアップ記事

  1. 作業療法士に向いているのは,〇〇な人!!

関連記事

  1. 「超」結果手帳

    それと,これも,同じだったのかも・・・

    ブログ訪問ありがとうございます.作業療法と方眼ノートであなたの…

  2. 作業療法士

    あなたは,友達にノートを◯◯したコトがありますか?

    菊地信貴です.「話を聞く時のコツ」の精度を挙げるた…

  3. 作業療法士

    話を聞く時の「コツ」

    菊地信貴です.臨床の作業療法場面で,対象者の話を聞…

  4. ピン!ときたこと

    自分で気付くと行動が変わるのです.

    菊地信貴です.今日はすごく当たり前なコトを…

  5. 方眼ノート

    私にとっての「ドラえもん」とは

    いつも数あるブログの中から,見てくださりありがとうございます…

  6. 作業療法士

    作業療法士にノートが必要な理由 3

    最初から誰も最初からできる人は居ないのです.どんなにすごい人でも,…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *

無料メールマガジン【OTの脳扉】

OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録
お名前  *
 (例)山田 太郎
Eメール  *
2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
【認定】方眼ノート1DAYベーシック講座

お申し込みはこちらから

  1. ピン!ときたこと

    あの頃があったから今がある
  2. ピン!ときたこと

    思考はまとめなくてOK
  3. 作業療法士

    次世代OTに必要なこと「未来がイメージできていますか?」
  4. 作業療法士

    前向きな失敗
  5. ピン!ときたこと

    とある夫婦のコト
PAGE TOP