プロフィール

菊地信貴 作業療法士(作業療法学修士)

1975年生まれ 神奈川県出身

スイミングスクール・フィットネスクラブでのコーチ,トレナーを経て作業療法士となる.

作業療法士として働く中で,自分の作業療法が正しいのか?相手に伝わるのか?を探し求め大学院に進学する.しかし,修士論文をまとめるのに手こずり1年延長しての修了となった.

2016年人に伝える,分かってもらえる,自分が理解することに対して学ぶ機会を求めていた時に方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)資格を取得.

作業療法のインタビューやクライアントの想いを聞き出す時にはいつも方眼ノートがいます.

  1. ピン!ときたこと

    ずっと結果が出せる,作業療法士になりませんか?
  2. 「超」結果手帳

    振り返りは「GBA」ですると気持ちいい!!
  3. 作業療法士

    新しい扉が開いた日・・・
  4. ピン!ときたこと

    思い込みの怖さ
  5. ピン!ときたこと

    変わるには理由がある
PAGE TOP