臨床実習で座学以上の学びを手に入れる方法!!

ブログ訪問ありがとうございます.

作業療法と方眼ノートであなたの人生を再構築する

菊地信貴です.

 

過去の自分のコトです

実習中に担当して下さった実習指導者の方に

説明をする時にどうやって伝えれば良いのか

わからなかったのです.

 

見たことを伝えることに必死でした.

 

何とか伝えられていても,なぜそう考えたのか?

そして「なぜならば,・・・」が出てこないのです.

さらに「だから,どうする?」も出てこないのです.

実習指導者の方にしてみれば「一体何をしたいのかしら?」

と思われて当然な会話しかできていなかったのです.

“臨床実習で座学以上の学びを手に入れる方法!!” の続きを読む