Blog ピン!ときたこと

体験入学受付中

HOME // ブログ // 臨床で「作業」を提供したいんですけど・・・

Blog ピン!ときたこと

CATEGORY


ピン!ときたこと 作業療法士 方眼ノート

臨床で「作業」を提供したいんですけど・・・

目次

臨床で「作業」を提供したいんですけど・・・

知り合いから相談されました。

臨床で「作業」を提供したいんですけど
どうやったら良いんでしょうか?

とっても良い問いかけですよねぇ!

そもそも、「作業」ってなんでしょう?





「誰でもできることを

誰もができないくらい

続ける!!」



「たった1枚だけど

その1枚は未来を変える

1枚になる!!」



だから

たった一枚書くことを

コツコツと毎日続ける!!



今日はこれだけ・・・

作業療法士が扱う「作業」とは?

作業療法士が考えるところの作業とは
・セルフケア(日常的な身の回りのこと)
・仕事
・家事
・余暇
・地域活動

などに分かれます

作業療法士が関わる3つの能力とは?

作業療法士が関わる3つの能力とは
・基本的動作能力
・応用的動作能力
・社会的適応能力

社会的適応能力には、
応用的動作能力と基本的動作能力が含まれます!
下側にある能力はその上にある能力を含んでいる
ということになります

なので、社会的適応能力に働きかければ
その他の2つの能力にも自然に働きかける
ことになります

さらに、豊かに生きるためには?

施設から出て地域の中で生活できることが
1番の近道なのですが・・・

色々な状況でそれができないのが
現状だったりします

なので、施設の中や病院の中で
・散歩に出る
・地域の方々と関わる
・役割(仕事や役目)を持つ
・余暇(趣味的な楽しみ)を持つ
・ご自身から活動したくなる環境を作る

などなど

では、実際にどうするか?

まずは、「やってみたいことをやってみる」


そして、作業療法士は適切な評価を行い
可能な限り利用者様の力を引き出す方法を考える!

大切なことは
その考えを利用者様と共有して
一緒にどうやって「作業」をするか?
どうやったら「作業」ができそうか?
などを話し合いながら決めていけると
最高なのでは?

===お知らせ===

・OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録【氣まぐれ配信】
  臨床現場でノートを使って、未来を変える?
  気まぐれ配信しています。

・楽喜曼陀羅アートオンライン講座
  初心者から上級者まで、誰でも集中して自分との対話を楽しむことができます
  男性でも大丈夫!!意外とハマるかも?
  オンラインで行いますので女性も安心して参加できます!!
  初心者大歓迎、誰でも必ず描ける。描いたら「楽喜」(ラッキー)になれる!! かも・・・

・My Education ショッピングカートはこちら
  シンクノート、「超」結果手帳、Vコーンなど取り扱ってます
  

SHARE
シェアする

ブログ一覧