Blog OTの脳扉

体験入学受付中

HOME // ブログ // この人、本当はもっと優しんだろうなぁ、でも・・・

Blog OTの脳扉

CATEGORY


OTの脳扉 方眼ノート 認知症高齢者

この人、本当はもっと優しんだろうなぁ、でも・・・

目次

【本当はもっと優しんだろうなぁ、でも・・・】

施設のスタッフの中で
利用者さんに対して
子供に叱りつけるような
言葉で接したり。

幼児に話しかけるような
言葉で話しかけたり。

しょうがねぇなぁって
感じで対応したり。

そんな光景が見えたりします。


これの問題が何かというと・・・


未来の自分に返ってくる
ということです。


私達スタッフの目の前にいるのは
未来の自分達なのです。

その、未来の自分達に対して
どんな態度をしているのか?

その行為は必ず、
自分に返ってきます。

では、どうすれば良いのか?
考えてみましょう!


大切なことをお伝えしますねぇ。
ポイントは3つあります。

1、U字
2、鏡
3、感謝

この3つが大切なこと。

今日は1つ目の
「U字」についてお伝えしますね。

私達がしている行為
これは必ず、U字で自分に
戻ってくるということです。

なので、目の前の利用者さんの
お困りごとを少しでも解決できたり。

少しでも安心させて
あげることができたら
必ずあなたも安心できる。


そう信じています。



どうしたら良いのか?

リハ的には
1、愛情を込めた「愛コンタクト」。
2、優しい、ゆっくりとした口調。
3、オウム返し。

この対応をお勧めします。

是非、お試しください。
必ず穏やかに過ごして
頂けますので。

そして、スタッフと一緒に
日々成長できたら
日本の老健って変わりますよねぇ!

===お知らせ===

・OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録【氣まぐれ配信】
  臨床現場でノートを使って、未来を変える?
  気まぐれ配信しています。

・楽喜曼陀羅アートオンライン講座
  初心者から上級者まで、誰でも集中して自分との対話を楽しむことができます
  男性でも大丈夫!!意外とハマるかも?
  オンラインで行いますので女性も安心して参加できます!!
  初心者大歓迎、誰でも必ず描ける。描いたら「楽喜」(ラッキー)になれる!! かも・・・

・My Education ショッピングカートはこちら
  シンクノート、「超」結果手帳、Vコーンなど取り扱ってます
  

SHARE
シェアする

ブログ一覧