Blog OTの脳扉

体験入学受付中

HOME // ブログ // 久しぶりに、作業療法士らしいことやってます!!

Blog OTの脳扉

CATEGORY


OTの脳扉 作業療法士

久しぶりに、作業療法士らしいことやってます!!

この世界で星の数程あるブログの中から

このブログを見つけくださり。

ありがとうございます❣️

 

平塚を拠点に方眼ノートメソッドと

作業療法の知恵をミックスして

「できない」と思っていることを

「できるに」変換するヒントをお伝えしています。

 

 

 

読んで頂いた感想を頂けると

続けて行く原動力になります。

みなさまのおかげさまで

ここまで頑張れています。

是非ぜひ、メールアドレス(info”@“ ot-note.com)
までコメントを送ってください❣️

ありがとうございます。

目次

ちょっとした工夫ですが、効果は絶大!!

今日は久しぶりに

ミシンを引っ張り出して
作業をしました。

何をやっているのかというと・・・

利用者さんの介護用靴なんですが
ナオさん(仮名)は首の骨を固定されているので
下を向く動作
うつむくような動作が
簡単にできないのです。

なので、ちょっとお手伝いしました。

どうしても・・・

このベルトに対して
少しおしゃれな感じに
したかったので

まずはベルト探しです!

大好きなDAISOであれやこれや
探して決めたのが

ナオさんには内緒ですけどねぇ

実は犬の首輪でした。


ある程度強度があって
色や柄がいい感じって
思えるやつ!


そして、両端と中心あたりをミシンで

ささっと縫ってと・・・

実際には・・・

こんな感じで
靴に戻しました。

本当はね
ベルトにループがついているものが
販売されているのですが。。。

ナオさんは生活保護を受けいるために
お金はあまり掛けたくない!!って

だから、今回はちょっとサービス

で、ただ靴べルトにベルトをくっつけた
だけでは、上手くいかないのです。

身体を前に屈めて手が届かない。
首を前にうなずくような姿勢ができない。

なので、リーチャーと言って棒の先に
引っ掛ける金具をつけたもので
操作します。

そのためにちょっとだけ
工夫をしました。

そう、ベルトの先を少しだけ
ループ状にして、リーチャーを
かけやすくしました。

ループはこうやって使います

ループにリーチャーのフックを引っ掛けて
靴ベルトを操作します。

この、ループのおかげで
靴ベルトを外すときも
少ない力で外すことができます。

そうなんですよ、靴ベルトに対して
端っこがギリギリの方が
靴ベルトのマジックテープを外すのに
力が少なくてすみます。

そこを考えて作ってみました。

ナオさんも喜んでくれてよかったです。


こういう事やってると
何だか、充実しますよねぇ!!

知って欲しいので・・・

自信を持って、お願いします!

是非、メルマガ読んでみてください。


今まで、自分が学んできたことを
誰でも簡単にできる。


そんな内容にまで噛み砕いていると
思っっています。

でも、正直に言います。
文章得意ではないです。


なので、皆さんからの
千本ノックがきっと私を変えてくれる!

そう信じています。
なので、温かいメッセージを
頂けるとまた1日頑張れます。

ちょっと辛口のメッセージだと
半日凹みますが、チャーンス!!と
思いまた頑張ります。

優しいメッセージだと
号泣してその日は・・・
でも、嬉しくて頑張れます。

この、ブログやメルマガを見て
一人でも「なんかできそう」
一人でも「これなら何とか・・・」
一人でも「そうだったんだ、な〜んだ簡単じゃん」
って思ってもらえたら。

最高に嬉しいです。
なので、メルマガの登録!
そして、熱烈なメッセージ!
お待ちしております。

===お知らせ===

・OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録【氣まぐれ配信】
  臨床現場でノートを使って、未来を変える?
  気まぐれ配信しています。

・楽喜曼陀羅アートオンライン講座
  初心者から上級者まで、誰でも集中して自分との対話を楽しむことができます
  男性でも大丈夫!!意外とハマるかも?
  オンラインで行いますので女性も安心して参加できます!!
  初心者大歓迎、誰でも必ず描ける。描いたら「楽喜」(ラッキー)になれる!! かも・・・

・My Education ショッピングカートはこちら
  シンクノート、「超」結果手帳、Vコーンなど取り扱ってます
  

プロフィール

心と身体に働きかける作業療法士
「あっ!これならできるを作る専門家」

3歳から水泳を始める。
40歳を過ぎて畳の上で【エア水泳】を披露して大絶賛を頂く。

リハビリテーションの世界に飛び込んだのは
30歳の時。他の職員とは良くも悪くも
身体と心の交流を図りました。

2016年に衝撃の出会いがあり。人生が変わった。

リハビリテーションの世界で「紙とペン」を使って
革命を起こす、第一歩を歩み始める。

信念は
「作業は人を幸せにする」
「ノートでリハビリは変えられる」

笑顔があれば、頑張れる!!

特技は
話を聞くこと
話しているあなたをその気にさせること


まだまだ、伸び代満載ですがよろしくお願いします。

SHARE
シェアする

ブログ一覧