Blog OTの脳扉

体験入学受付中

HOME // ブログ // リハ職の評価ってなんで必要なの?

Blog OTの脳扉

CATEGORY


OTの脳扉 人間関係 方眼ノート

リハ職の評価ってなんで必要なの?

こんにちは、人生の水先案内人になれたら良いなぁと思っている、「できない」を「できるに」変換する専門家のきくちゃんことマイエデュケーションの菊地です。

ご興味ある方は、メルマガ【OTの脳扉】で詳しく❣️


よかったら見てくださいね


 

 

バックナンバーで見ることもできますので安心してくださいね😊


 

作業療法士さんだけじゃなく


お仕事で上司と話がうまく通じない


とかコミュニケーションでお困りの方にもお役に立つかも知れません


 

 

 

目次

【リハ職の評価ってなんで必要なの?】

結論から言いますねぇ

「今の現状を知る必要があるから!」



すごく当たり前なことを言ってますが・・・

今の現状ってなんでしょう?



それは、いくつかポイントがあるかと思います。

1、今どれくらい動けるのか?

2、今どんなことができるのか?

3、今何に困っているのか?

4、今何ができて、何が出来ないのか?

5、今どんな心境でいるのか?

6、今の時点でどんな将来を見ているのか?

などなど・・・

現在地点から目標地点へ行くためには?

「過去」どんな生活をしていたのか?

「未来」どんな生活をしたいのか?

「現在」どんな生活をしていくのか?

それを知るためにも

今の現状を知ることが必要。





カーナビだとGPSで現在地を

知ることが可能だが

人間の身体や心の状態は

GPSで見ることが可能ではないので

「評価」を通して現在地を

表すことが可能になる。





そして、対象者がどんな未来という目的地に

行こうとしているかを知るのも「評価」の中で

大切なこととなっている。




今までは、それを頭の中でやっていた。

しかし、対象者と私との間で
同じものを共有することが
簡単ではなかったのが



方眼ノートに対象者の思っていることを
書き出すだけで、そしてそれを見てもらう
だけでOK



それをするだけで
対象者の表情がみるみるうちに
変わっていったので・・・

全体と部分を使い分ける

そして、評価の中で最も大切なのは?


「相手の言葉」


これを、聞き漏らすことなく
ただただ、純粋に素直に聞く


そして、相手の感情が動いている言葉をキャッチして
なぜ、その言葉で相手が感情が動いているのかを
教えてもらう。


感情が動く言葉には
「力がある」

だから、その力を使って
新しい行動への思いを持ってもらう。


ほんの少しの心の動きから
ゆっくりかもしれないけど
身体は動いていく(変化する)

私はそう信じている‼️


だから、大切な言葉を
方眼ノートの上に捕まえたら
その言葉を置いていく

キャッチして、置く!

そんな、イメージで使っています。

知って欲しいので・・・

自信を持って、お願いします!

是非、メルマガ読んでみてください。


今まで、自分が学んできたことを
誰でも簡単にできる。


そんな内容にまで噛み砕いていると
思っています。

でも、正直に言います。
文章得意ではないです。


なので、皆さんからの
千本ノックがきっと私を変えてくれる!

そう信じています。
なので、温かいメッセージを
頂けるとまた1日頑張れます。

ちょっと辛口のメッセージだと
半日凹みますが、チャーンス!!と
思いまた頑張ります。

優しいメッセージだと
号泣してその日は・・・
でも、嬉しくて頑張れます。

この、ブログやメルマガを見て
一人でも「なんかできそう」
一人でも「これなら何とか・・・」
一人でも「そうだったんだ、な〜んだ簡単じゃん」
って思ってもらえたら。

最高に嬉しいです。
なので、メルマガの登録!
そして、熱烈なメッセージ!
お待ちしております。

===お知らせ===

・OTの脳扉(ノート)無料メルマガ登録【氣まぐれ配信】
  臨床現場でノートを使って、未来を変える?
  気まぐれ配信しています。

・楽喜曼陀羅アートオンライン講座
  初心者から上級者まで、誰でも集中して自分との対話を楽しむことができます
  男性でも大丈夫!!意外とハマるかも?
  オンラインで行いますので女性も安心して参加できます!!
  初心者大歓迎、誰でも必ず描ける。描いたら「楽喜」(ラッキー)になれる!! かも・・・

・My Education ショッピングカートはこちら
  シンクノート、「超」結果手帳、Vコーンなど取り扱ってます
  

プロフィール

心と身体に働きかける作業療法士
「あっ!これならできるを作る専門家」

3歳から水泳を始める。
40歳を過ぎて畳の上で【エア水泳】を披露して大絶賛を頂く。

リハビリテーションの世界に飛び込んだのは
30歳の時。他の職員とは良くも悪くも
身体と心の交流を図りました。

2016年に衝撃の出会いがあり。人生が変わった。

リハビリテーションの世界で「紙とペン」を使って
革命を起こす、第一歩を歩み始める。

信念は
「作業は人を幸せにする」
「ノートでリハビリは変えられる」

笑顔があれば、頑張れる!!

特技は
話を聞くこと
話しているあなたをその気にさせること


まだまだ、伸び代満載ですがよろしくお願いします。

SHARE
シェアする

ブログ一覧